DEC

VAXstation 4000 60

念願のVAXを手に入れました。MMJコネクタを変換しないとシリアルコンソールが出せない。 ブラックボックス・ネットワークサービスが未だにDEC423 MMJケーブルを売っていたので(2013 1月)それを買い、 2つに切ってDE9コネクタをハンダ付けしてシリアルコンソールを出せるようにした。その時のshow config結果。 普段はVMS 5.5で使っている。
DEC VAXstation 4000 60 VAXstation 4000 60 back

未だにサポートーページが残っていて [hp.com]、CPUは55 MHz, L1=2 KB, L2=256 KB とのこと。 CPUは21-31758-03/21-31760-01/21-31759-01で、Mariahと呼ばれているらしい [chipdb.org]。 日本DECのページのアーカイブ [archive.org] によると:

1990年10月 Mariah chip set はRigel chip setを改善したもので、 1.0マイクロメータ CMOSテクノロジにより生産され、VAX 6500システムに搭載。

1989年7月 Digitalの第3世代32ビットマイクロプロセッサであるRigel chip setは 1.5マイクロメータのCMOSテクノロジにより生産される。 Regel chip setを搭載したVAX 6400システム、続いてVAX4000システムを出荷。 RigelはVAXアーキテクチャにベクトル機能を拡張するもの。

とのことなので、Digital Technical JournalのVolume 2 Number 2 VAX 6000 Model 400 Systemのマイクロアーキテクチャ的な話がある程度参考になるほか、ダイ写真 [trailing-edge.com]マイクロコードのソース [trailing-edge.com]もなぜか公開されている。
VAXstation 4000 60 interior VAXstation 4000 60 CPU

NetBSDやOpenBSDをネットブートするときに限った話だが、*BSDのカーネルがデバイスをプルーブするときにリンクダウン状態でないと、Lance Ethernet (le0)が認識されず、dmesgに全く出てこなくなる [mail-index.netbsd.org]。 うまく動かすには、chevron promptでboot esa0と打って、netbsdのカーネルをダウンロードし終わってコンソールに文字が出始める直前に、ケーブルを抜いて、カーネルにle0を認識させる。 そして、rootfsを探すためにdhcpのリクエストを投げる前にケーブルを戻す。 そういう努力をして起動したNetBSDの起動メッセージ

DEC 3000/300

DECの初期のAlphaマシン, DEC3000シリーズの最下位のモデル。裏側に J-OVMS AXP 1.5と書いてあるのでVMSで使われていたらしい。

RS-232C端子と思しき物としてPC-98やSunとちがってオスのコネクタがついている。 ピンアサインは同じようだけど、 ジャンパー設定でシリアルコンソールにして 変換噛ませて繋いでも何も出てこない。基板の8連LEDは、電源投入後0xFDで動きが止まるので メモリエラーらしいが、メモリ(72ピンSIMM)を複数種刺し替えても症状変わらず。

CPUボードの上のレギュレーターが信じられない程熱くなるのも何かのヒントかもしれない。 CPUモジュールの74ABT16501が異常に発熱した跡があるので、この部品も怪しい。
DEC 3000/300 DEC 3000 logo back of DEC 3000/300 motherboard

DEC 3000/800

EV4/200MHzで、当初メモリが576MB搭載されていた. 2013-02-16にいただいた。 13-Oct-1993のDECnews for Press and Analystsに新製品として紹介されている [altervista.org]。 DEC 3000/300と異なり、Alternate console (シリアルコンソール)はMMJから出てくる。 背面のスイッチをMMJコネクタ側に倒すとAlternate consoleモードだ。 フロントにLEDで光るデバッグ用の窓があって、この表示がかっこいい。 奥行きがかなりあるので、置く場所を選ぶ。 構成情報
DEC 3000 Model 800 (M800) back panel of DEC 3000 800 Digital logo on the DEC 3000 800 Diagnostics LEDs on the DEC 3000 800

OSF/1に加え、外付けHDDにNetBSDを導入した。 CorrectableなECCエラーが発生していたので、最小単位である8枚のメモリを抜き、448 MBになった。 メモリは64-bitの専用SIMMだ。
DEC 3000 Model 800 Motherboard Proprietary SIMM for DEC 3000 800 NetBSD dmesg on the DEC 3000 M800

HiNote Ultra II

Pentiumノート, PC互換。 Model P8X CTS5120と書いてある。 DIGITAL PC価格表とメモリ構成ルール 旧版: '96 [archive.org]によると、11-MAR-96版には掲載されておらず、15-APR-96版に初めて「新製品」として598,000円で掲載されているので、このあたりが発表日である。 電源アダプタを持っていないが、ICテストピンで電源をつなげて動作はすることを確認した。

DECのロゴが付いているだけでかなりカッコいいのだが、このノートパソコンは大変薄いうえ、シリアルポートや2スロットのPCMCIAスロットなど必要なI/Oが揃っているところがすばらしい。 Librettoだと画面が小さすぎて使うのが辛いこともあるが、この位の画面の大きさだと辛さはかなり緩和される。 ディスクの内容から判断すると、日本DECが販売したもののようなのだが、キーボードは英語配列だ。 背面のI/O端子は、バッテリを90°回転させると露出できる。 この状態だとバッテリで本体奥が持ち上がり、キーボードに傾斜がつくためタイピングしやすくなる。
DEC HiNote Ultra II (P8X) DEC HiNote Ultra II (P8X) DEC HiNote Ultra II (P8X) DEC HiNote Ultra II (P8X) DEC HiNote Ultra II (P8X) DEC HiNote Ultra II (P8X)

AlphaStation 255/300

ノード名COTTONAPPLIとペア。 OpenVMS V8.3 AXPが入っていて、APPLIとVMSclusterになっている。 256 MBのメモリ(72 pin SIMM * 8枚)。 この機械の前面のファンは温度検知のもので、コールドブートするとVMSが上がって来るくらいになって初めて回り始める。 電源を入れてもファンが回らないからといって必ずしも焦る必要はない。

2009年現在日本語のWebサイトでVMSを扱っているところが非常に少ないのは悲しいところ。 結構高機能だし、日本人は(何故か)MS-Windowsが好きみたいなので、NTの源流にあたるVMSが 流行らない理由が分からない。ANALYZE/SYSTEM CLUE CONFIG
Digital AlphaStation 255 and 500写真下 Digital AlphaStation 255 and 500写真下 Digital AlphaStation 255

2008年に電源から煙を出して死亡したが、電源はAT電源の普通のコネクタ+3.3Vの拡張コネクタ 2本(緑がすべて+3.3V)という構成だったので、ATX電源からの変換ケーブルはすぐ作れた。
AlphaStation 255 extra power cable

AlphaStation 500/400

COTTONの友達。VMSclusterがどんなものか 試すマシン。COTTONが煙を出して一時的に利用不能になった直後に道端に落ちていた。 フロントパネルがなくなってしまっている。 メモリはCOTTONと同じく256 MB(こちらはDIMM 4枚)。ANALYZE/SYSTEM CLUE CONFIG
Digital AlphaStation 255 and 500写真上 Digital AlphaStation 255 and 500写真上

CR2032を用いるAlphaStation 255と異なり、バックアップ用電池がチップ内蔵のもので、さらにそのチップが基板にハンダ付けされているという悪質な構成。

元々付いていたRZ28D-W(ST32550W)は2 GBで小さかったので、 QUANTUM ATLAS10K3_36_WLS(36 GB)に替えた。HDDのジャンパーでForce SEしないと、 Medium offlineなどでうまく初期化(initalizeコマンド)やコピー(backupコマンド) ができなかった。

以上2台をまとめてDECnet-Plusの上でVMSclusterにしている。SHOW CLUSTERはこんな感じ:

View of Cluster from system ID 1026  node: COTTON           1-JUN-2010 23:17:52
+-----------------------+---------+
|        SYSTEMS        | MEMBERS |
+--------+--------------+---------+
|  NODE  |   SOFTWARE   |  STATUS |
+--------+--------------+---------+
| COTTON | VMS V8.3     | MEMBER  |
| APPLI  | VMS V8.3     | MEMBER  |
+--------+--------------+---------+

AlphaStation 600A 5/500

EISA/PCI構成のEV56(21164A)@500MHzのマシンで、L3キャッシュが8MBある [archive.org]。 背面の品番はPB620-A9とPB62U-CAで、フロントパネルの機種名も上から貼られたように見えるので、アップグレード品のようだ。 AlphaStation 600とAlphaStation 600Aはケースは同じように見えるが、マザーボードは別物だ (AlphaStation 600はマザーのみ持っている)。 AlphaStation 600はマザーボードに直接CPUが実装され、メモリはドーターボードに増設する形式となるが、AlphaStation 600AではCPUとBcache, チップセットがドーターカードに追いやられ、メモリスロットはマザーボードに実装されている。 メモリはECC SIMMだ。
AlphaStation 600A back of AlphaStation 600A inside the cover CPU board SHOW CONFIG

AlphaPC 164 / Visual Technology VT-Alpha 500AXP

DECのAlphaPC 164 [5]というEV56が載るマザーボードをメルコがMMV-XA164Bとしてクローンして、Visual Technologyが組み立てたもの。 シルクにはMPC164-AA BUFFALOと印刷されていて、MMV-XA164Bは紙に印刷されて貼られているだけ。 国産のAlphaマザーらしいが、内容はPC164そのもので、SRMでもPC164と表示される(show config)。 21172チップセットで、SIMMを8枚あるいは4枚使うが、使う枚数によりジャンパを設定しなければならない。 また、4枚だとメモリバスが128-bitしか埋まらないので、メインメモリのバンド幅が半分になって辛い。 基板サイズや電源コネクタはATXだが、PS_ONはいつもGNDに落ちているようで、電源を供給すると常にスイッチが入っている。
Visual Technology VT-Alpha 500AXP back Buffalo MMV-XA164B (DEC Alpha PC164 clone)

AlphaPC 164SX / Visial Technology VT-Alpha Pc

DECから販売されていたATXサイズのマザーボードAlphaPC 164SX [4]をVisual Technologyが普通のATXケースに入れたもの。 全体的に普通のPCに近い作りをしていて、IDEのHDDが使えるし、AlphaPC 164と異なりUnbuffered SDRAM DIMMが4本、合計512 MBytesまで使える。
Visual Technology VT-Alpha Pc back of VT-Alpha Pc internal components of PC164SX

プロセッサは21164PC (PCA56)という廉価版の533 MHz版が使われている。 21164PCは高コストパフォーマンスを狙ったプロセッサで、Motion Video Instructions (MVI)をサポートしている。 21164PCは0.35 μmのものと、0.28 μmのものの2種類が存在する [1] [2]。 0.35 μmのものはL1キャッシュが命令16 KBytes, データ8 KBytesなのに対し、0.28 μmのものはそれぞれ32 KBytes, 16 KBytesと倍増し、オンチップのライトバッファも6エントリから8エントリへと倍増している。 プロセスが微細化しているので動作電圧も外部3.3 V/内部2.5 V→外部2.5 V/内部2.0 Vと下がっている。 533 MHz時の消費電力も、35 W→18 Wと半減している。 残念なことに、この機械に載っているのは0.35 μmの方のタイプのものだ。

Debian 5.0で使っているが、VMSかOSF/1の方が良いかもしれない (構成情報)。

Celebris GL 6200ST

DECのSocket 8, Pentium Pro 200MHzのシステム。 Model: B16WW. ケースの見た目や構造がAlphaベースのPersonal Workstation 600auに良く似ている。 前面扉がないので、電源スイッチやリセットスイッチが押しやすい。 発表は1996-Sep-17 [impress.co.jp]。 新しいBIOSだと自分のことをDigital PC 5400と呼ぶ。
Digital Equipment (DEC), Celebris GL 6200ST back of Celebris GL 6200ST

マザーボードもPersonal Workstation 600auと同じく、上半分と下半分が分離する。 上半分は6層基板で、ほとんどの部品はこちらに載っている。 CPUはデュアル構成にもできるようなパターンがあるが、ソケットは未実装。 SIMMも8枚分のパターンが有るが、実装されているのは6スロットのみ。 ちなみにメモリはパリティ無しが使える。 Matrox Milleniumをオンボードで搭載していて、Millenium用のメモリボードのソケットも存在する。 下半分はEthernetコントローラ(21143)やサウンド回路、ISA×4/PCI×2のコネクタなどが存在する。
Motherboard of Celebris GL 6200ST

起動時にDECのdigitalロゴを表示できる(デフォルトはオフ)。
BIOS splash screen of Celebris GL 6200ST

最新BIOSは[archive.org]からダウンロードできる。 最新版はv1.09で、このBIOSを焼くためにはBoot blockのジャンパを有効側にしておく必要がある (README.TXT参照)。 少なくとも、この最新版のBIOSを使えば、8×64 Mbit=64 MBytesのSIMMを6枚刺しで384 MBytesのメモリが使えた。

Linuxで使うにはいくつか工夫が必要。 まず、内蔵Ethernetを10BASE-T(FDX)で使うにはtulipoptions=4を渡す必要がある。 サウンドのES1888もPNP非対応なためパラメータ指定が必要で、デフォルト設定ではsnd-es18xxport=0x220 mpu_port=0x310 irq=5 dma1=1 dma2=5 isapnp=0と指定すればよい(この機種はなぜかMPUが0x330ではなくて0x310, 0x320からしか選べない)。 Debian 8 (Jessie)なら、/etc/modprobe.d/onboard.confを作って、

options tulip options=4
options snd-es18xx port=0x220 mpu_port=0x310 irq=5 dma1=1 dma2=5 isapnp=0

と書いて、/etc/modulesfloppysnd-es18xxを追加し、update-initramfs -uを動かせばOK. 簡単でしょ? ハードウェア構成情報、起動メッセージなど

Personal Workstation 600au (#1)

21164A搭載のコンピュータ。2013-12-08に戴いた。 日本DECの発表は3-Jul-1997 [archive.org]XP1000と非常によく似ているが、XP1000で謎の目隠しされた穴はこちらのマシンでは有効に利用されているのであった。 あとやはりDigitalのロゴは、よい。
DEC Personal Workstation 600au back of 600au
Linuxの起動メッセージなど

マザーボードはCPUやメモリスロットが載った上半分と、PCIスロットや各種コネクタが載った下半分に分離する。 上半分のメモリスロット下の銀色チップがおそらくSDRAMコントローラだ。 もう一台の600auではこのチップにヒートシンクが載っていた。 実際動作中はかなり熱くなるので、ヒートシンクはアルミ製の適当なものを貼り付けておいた。
Motherboard of Personal Workstation 600au (Miata)

メモリはRegistered-ECC SDRAMで、色々と試した結果64Mbitのチップまでしか対応していない様子。 普通のメモリモジュールだと128MBまでしか認識しないということになる。 DEC純正のメモリは2階建になっていて、64MBitチップで256MBのモジュールを実現している。
DEC Geniuine memory modules

グラフィックボードはIntergraph INTENSE 3D Pro 2200が載っていた。 DECのマニュアル類を確認したところこれはDEC的にはPowerStorm 4D51Tという名前で売られていたもの。 日本DECの製品紹介 [archive.org] によると:

16MB テクスチャメモリを標準装備しています。 さらに近い将来ジオメトリー・エンジンが4D51Tの専用追加オプションとして発表予定です。

とのことなのでジオメトリ計算はCPUでやるタイプのカードらしい。
Intergraph Intense3D MSMT440 component side PIN SIDE

Personal Workstation 600au (#2)

こちらも2013-12-08に戴いた。 AV321と書いてあるビデオ入出力・エンコードボードDEC PCI Motion Video Card (54-23296-03)が搭載されている。 C-CubeのMotion JPEGのハードウェアコーデックが載っているように見える。
back Digital Personal Workstation 600au DEC PCI Motion Video Card (54-23296-03)

ビデオボードはPCIスロットを2つ占有するPowerStorm 4D60T (PBXGI)が搭載されていた。 2つ占有するというのはただ単にスペースの話ではなく、差込口も2つ使う。 シルクにはIntergraph MSMT410と書いてあるので、Intergraph設計のようだ。 プラスチックカバーを開けるとメモリスロットが出てくる、凝った設計のカードだ。 日本DECの製品紹介 [archive.org] によると:

24DBプレーン、32ビットZバッファ、32MB SDRAM、24DBダブル・バッファ、8ビット ・アルファ・プレーン、8DBビット・オーバーレイ・プレーン、ハードウェア・アンチエリアシング機能を装備します。 16MBテクスチャ・メモリを標準で装備し、最大64MB搭載できます。

と書いてあるので、取り外せるメモリがそのTRAMということなのだろう。 アンチエイリアシング機能ってのはMSAAなのかGL_LINE_SMOOTHとかのことなのかはは不明。
DEC PowerStorm 4D60T

VT-Alpha6 500DP

Visual TechnologyのEV6マシン。 Alpha 21264-4 500 MHz Bcache: 4 MB を2台搭載している (show config)。 マザーボードはCompaq AlphaPC 264DPであり、以前立て続けにCPUを焼損させたAlpha Processor Inc (API), UP2000と異なる。 CPUモジュールもAPIのものではなく、はるかに大きい、MMJコネクタや電源コネクタを搭載したものだ。 CPUクーラーのファンも口径の大きいものを使っており、騒音はUP2000マザーのものよりはるかに小さく、一般的なデスクトップPC並である。 なお、この内部の構造はAlphaStation DS20Eと近いが、DS20EにはUSBがあるので部品自体は異なる。
Visual Technology VT-Alpha6 500DP back of VT-Alpha6 500DP Compaq AlphaPC 264DP motherboard EV6 CPU module

私の限られた経験からは、APIの製品は避け、DEC/CompaqのマザーボードやCPUモジュールを使うのが安心であると言える。

Professional Workstation XP1000

異なる時期に拾った2台のうちの1台が生きていた。プロセッサはEV67 667 MHz, 4 MB L2。 日本での500 MHzモデルの発表は2-Feb-1999で [archive.org] 、667 MHzモデルの発表は27-Jul-1999 [archive.org]。 Tru64 UNIX V5.1B (Rev. 2650)をインストールし、使っている。

この機種は、ケース上部に配置されているCPUとメモリソケットが載った基板と、IO関係が載った基板の2つで実装されている。 2台のうち1台は、電源は入るもののコンソールに何も出てこず、動く方と部品を交換して試した結果、後者のIOが載ったマザーボードが故障しているようだ、という結論が出た。 基板は高価な作りをしていて、コンデンサは積極的にタンタルコンを使っている (PowerMac G3 B&WやAMI MegaRUM IIもこういう部品選びをしている)。
Compaq Professional Workstation XP1000 Alpha 21264 EV67 computer back of Compaq XP1000 Compaq XP1000 motherboard EV67 on XP1000

ビデオボードには、Compaq PowerStorm 300 [PBXGD-AD]を使っている (Evans & SutherlandのREALimage 2100ベース)。 このカードはLinuxではドライバが無いためコンソールとしてのみ動作する。 というわけで、Linuxを使っている人にお願いし、私が持っていたELSA GLoria Synergyと交換することでこのカードを手に入れた。 PowerStorm 300を使うには、HPのウェブサイトからドライバをダウンロードする必要がある。 ドライバをインストールするまで、XがVGAドライバで動いて、色数が少なく見るに耐えない画面表示になる。 OpenGLを使うにはOPEN3D PAKが必要とのこと(持っていない)。
Compaq PowerStorm 300 (PBXGD-AD) Compaq PowerStorm 300 (PBXGD-AD) Compaq PowerStorm 300 (PBXGD-AD) says Digital PBPSPERPCI Compaq PowerStorm 300 (PBXGD-AD)

AlphaStation DS20E

ラックマウントなのでAlphaServerかと思いきや、背面ラベルの型番DA-56RAA-FWはAlphaStation DS20E, Tru64, 833MHz, 1 GB/8 MBとのこと [3]。 実際の構成は、CPUはラベル通り2×EV68A 833 MHz、メモリは増設され2 GBになっていた (show config結果)。 他にSeries ET2002, DH-56RAA-AXなどの型番が印刷されたラベルも貼ってある。 前面パネルのデザインはAlphaStation 255と色・通気口の形が似てる。 パネルを外すと6台分のHDDスロットがある。 このサーバーは非常に静かで、普通のデスクトップPC並の騒音しか出ない。 自宅で動かすにも安心だ。
Compaq AlphaStation DS20E HDD bay on the AlphaStation DS20E

背面には前述のラベルの他、USBポート、パラレル、シリアル、PS/2キーボード・マウスのコネクタがある。 PCIバスにさされているカードが近代的で、VGAコネクタは青色だし (3Dlabs Oxygen VX1)、Ethernetボードはどう見てもIntelのNICだし、ということで、最初後ろから見たときに単なるPCサーバーとして無視しようとしてしまった。 が、特殊な”ニオイ”に気づいて無事回収したのであった。 実際、背面がAlphaStation 600Aと非常に似ていることがお分かりいただけるだろうか。
back of AlphaStation DS20e

参考文献

  1. Digital Semiconductor Alpha 21164PC Microprocessor Hardware Reference Manual. Digital Equipment Corporation. Maynard, Massachusetts. Order Number: EC-R2W0A-TE. September 1997.
  2. Alpha 21164PC (.28μm) Microprocessor Hardware Reference Manual. Compaq Computer Corporation. Order Number: EC-RADPA-TE. December 1998.
  3. Hewlett-Packard. QuickSpecs. Compaq AlphaServer DS20E, Compaq AlphaStation DS20E. DA-10445. Version 37. pp. 1-37. October 24, 2003.
  4. AlphaPC 164SX Motherboard Technical Reference Manual. Compaq Computer Corporation. Order Number: EC-R57EB-TE. October 1998.
  5. Digital Semiconductor AlphaPC 164 Motherboard Technical Reference Manual. Digital Equipment Corporation. Maynard, Massachusetts. Order Number: EC-QPFYB-TE. January 1997.