SHARP

ここに書いたもの以外にもPC-E200, PI-8000やMI型番のZAURUSを触ったことがあるんですが、 SHARPの機械は頑丈で好印象。

PC-E500

E650を持っていたが、紛失してしまった。そんなある日E500をゲットした。

E650と違ってメモリは32KBしかないし、キーボードはゴムだし、液晶も見にくいと思う。 というわけで、今更ながらメモリを128KBに付け替えた(2012-12-10)。

PC-E650で使っていたCE-140T(RS-232Cレベルコンバーター)を持っているので、PLINKを使ってパソコンとデータをやりとりできる。 CE-140Tは本体右側のコネクタに接続する。 左側のインターフェースはカセットテープドライブに接続でき、PC-E200と共通であることは知っているが、使ったことがない。 電源は単四電池4本とバックアップのCR2032だ。
SHARP PC-E500 Pocket Computer back of PC-E500 casette interface of PC-E500 right side of the PC-E500

PC-Z1 "NetWalker"

「ARMのNetbookが出たら絶対買おう」と思っていたらまさかのSHARPから出た。 ほぼ素のUbuntuが載っているので、ARMを用いて実験をするには大変扱い易い機械だ。 発売(Sep/2009)から1週間経たないうちに買った。 Motorola i.MX515のデータシートを見るとOpenGL ES対応のハードウェアらしいのだが DRIは有効になっていない、って言うかX.orgはfbdevでした...

ある人曰くPC-Z1のZはZaurusのZとのことだったが、本当のところはどうなんだろう。

こういうデバイスとしては、Bluetoothが載っていないのが変わっている点。 無線LAN NICはSDIO経由でCPUと接続されている。 バッテリはだらだらrogueやったり漫画を読むくらいの 負荷なら公称通り10時間持つ感じ。

載っているカーネルはLinux 2.6.28-15-araneoというもので、iptablesが切られているのが特筆すべき点だ。 ファイヤーウォールが使えないのだ。 glibcは2.9. rootfsが圧縮されたubifsに載っているので、このアクセスが非常に遅い。 microSDカードへのアクセスはそれなりに早い。

Oracle提供のJDK7 for ARMはsoft float版をそのまま使うことができる。 JDK8はhard floatのみなので、そのまま動作させることはできない。

デザインは、シャープのロゴが画面下に描いてあるシンプルなもの。 この機種と前後して、シャープはKDDI IS01 [sharp.co.jp]NTTドコモ LYNX SH-10B [sharp.co.jp]というキーボード付きの小型無線端末を発売している。 Netwalkerを含め、これら3機種はOSはUbuntuとAndroidで違いはあるものの、いずれもアップデートが全くない悲惨な状況となった。
Sharp PC-Z1 Netwalker Keyboard on the SHARP PC-Z1 Netwalker
cpuinfo, lsusb, /proc/interrupts, dmesg

X1 (CZ-822CB)

SHARP X1シリーズで、5インチフロッピードライブを2台搭載しているモデル。 X1Gと呼ばれている [biglobe.ne.jp]が、本体にはX1Gという表記はない。 CPUはSHARP LH0080A (Z80A-CPU-D)、サウンドチップはGI AY-3-8910Aを搭載し、DRAMは 48KB (6× Fujitsu MB81416-12 [8KB = 4×16384 DRAM]), 64KB (2× Fujitsu MB81464-12 [32KB = 4×65536 DRAM]) で、前者がVRAM, 後者がメインメモリのようだ。 これらの情報はX1センター [x1center.org]の情報と一致する。 フロッピードライブはDMECF0008CE00を2基、カレンダ時計はNEC μPD1990ACを使っていた。

キーボードがないので、余っている雑誌の付録のARM基板でコンバータを作成中。 幸いコネクタは標準的なミニプラグで、プロトコルはX1センターに解析済みの文書がアップロードされていた [x1center.org] (PDF)。 ありがたやありがたや。
SHARP X1G / CZ-882CB back of X1G PCB of X1G X1G boot screen

X68000 PRO HD (CZ-662C-BK)

TOWNSと共に棄てられそうになっていたところを救出。 動作に問題なく、内蔵の40MB SASI HDDも動作する (2013-07-28)。 背面にあるIMAGE INSEE THROUGH COLORはどういうポートなのだろう。
SHARP X68000 PRO HD (CZ-662C-BK) Back panel on SHARP X68000 PRo HD

キーボードはCZ-652C、CZ-662C専用と裏側に書いてあるDSETK0020CE00だ。 別に専用ということも無いような気がするのだが、他には使用しないでください。故障の原因となります。と書いてある。
SHARP X68000 Keyboard DSETK0020CE00

X68000 XVI (CZ-634C-TN)

68000@16MHzのX68000。 2014-03-26にいただいたもの。 MIDIカードが刺さっているほか、以前から探していたX68K用のマウスも付属していた。 クロック切り替えスイッチ、RESET、INTERRUPTのスイッチは上についている。 持ち運び用のハンドルは押すとゆっくり出てくる。 電源ユニットのコンデンサにELNAのLongLifeシリーズが使われていて、液もれしていた。 このシリーズはMac LCIIやSPARCstation IPX, HP 9000/747iでも問題を起こしている。 これらを交換したところ無事動作した。
SHARP X68000 XVI (CZ-634C-TN) back of X68000 XVI Top cover

マウスはKI-OM0002CE03という型番で、左右ボタンのほか、左右側面に一つずつボタンが配置されている。 また、裏側にスライドスイッチがある。
SHARP KI-OM0002CE03 bottom

X68000 XVI Compact (CZ-674C-H)

2015-01-05に戴いたもの。 3.5型FDDを搭載するX68000。 CPUはMC68HC000FN16, FPUはMC68882RC25Aが搭載されていて、24 MHz化改造がされている。
SHARP X68000 XVI Compact (CZ-674C-H) back switchs on top

マザーボードはK7509DEで、右側に林立しているZIPのDRAMはOKI M51C262-10。 マザーボード, FDDは修理済み
Motherboard of SHARP X68000 XVI Compact

FPUはCZ-6BE2Dという別ボードに実装されていて、このFPUボードには更に増設メモリボードCZ-6BE2Bが搭載されている。
CZ-7BE2D FPU Board

PCMボードMercury-UNIT V3が搭載されていた。 SPDIFが使える豪華なボードだ。
Mercury-UNIT V3

外付け5型FDD CZ-6FD5とマウスKI-OM0004CE00もある。
Sharp CZ-6FD5 5-inch FDD back of CZ-6FD5 KI-OM0004CE00 mouse