PC-E500を128KBに

今更だが、手頃なSRAMがたくさん手に入ったため、SHARP PC-E500を128KBにした (2012-12-10)。

ある日、ジャンク基盤の上にHM628128を見つけた。ヒートガンという便利なドライヤー風の工具があって、 これを使うと230度の熱風を基盤に当て、半田を溶かし、そのスキに部品を剥がすことができる。 というわけで、これを使ってSRAMを剥がしたのだった。

PC-E500に元々ついている32KBのSRAMは、同じ基板に液晶も実装されているため、ハンダごてで地道に剥がした。
PC-E500 original

そして取り付け。アドレス線の上の方をCPU (SC62015)から引っ張ってくる必要があるが、 ありがたいことに基板上に大きなランドがあった。便利。あとVccをCS2から引っ張れば完了。
PC-E500 128KB

見事128KBに。
PC-E500 FRE0

参考文献

  1. E500系機種のメモリ増設改造
  2. PC-E500シリーズ 改造の手引き