Casio

PB-100F

2014-08-25に戴いたポケコン。 発売は1984年 [moainet.jp]。 CPUは日立HD61917A08、メモリはHD61914というチップで、これは8キロビット(1キロバイト)のSRAMとのこと [pisi.com.pl]。 CPUのクロックはいずれオシロで正確に測った方がよさそう。
Casio PB-100F back of CASIO PB-100F circuit board on the Casio PB-100F

Cassiopeia FIVA MPC-205

A5サイズのTransmeta Crusoe TM5600@500MHzの機械。 画面のまわりが綺麗な青で、最近のパソコンだとあまりこういう色は見ない気がする。 本体のみいつの間にか持っていたが、電源アダプタが無く、端子も特殊形状のため、分解して基板から電線を伸ばして、外部にThinkPad用のACアダプタが刺さるようなソケットをつけた。 入力電圧は16Vで、Ethernet,USBポートに近い側からNC, GND, +16Vだ。
Poor man's Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 ACアダプタがないせいでこんなに貧乏臭く
modded DC input socket on Casio Cassiopeia Fiva MPC-205

メモリは144ピンのSO-DIMMが使え、拾った段階ではPC133 512MBが刺さっていた。 分解はヒンジのカバーを外し、キーボード・上半身を外すのがポイント。 完全にファンレスのマシンだ。 製造はQuantaがやっていたようで、BIOSの出力にQuantaと表示される。 現在Debian 7 (Squeeze)で動作している(cpuinfo, lspci, dmidecode, dmesg)。
BIOS Diagnostics messages on Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 Keyboard removal procedure on Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 Component side of the PCB in Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 Solder side of the PCB in Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 Transmeta Crusoe TM5600 on Casio Cassiopeia Fiva MPC-205 Transmeta Crusoe Logo sticker on Casio Cassiopeia Fiva MPC-205