IBM

POWER Gt3i

MCAのRS/6000 用の8ビットフレームバッファ。 ボードは51G8274, FRU# 43G0601, P/N 43G0443. 識別はブラケットの1-9で行うべし [1]

1280×1024, 1670万色中256色表示可能な2Dのアクセラレータ。 DSPのTMS320C30GEL が2つ載っている。 メモリはMultiport CMOS Video RAMが10×HM538253TT-8 (合計 2.5 MBytes)とSRAM が4×HM628128ALFP-5 (合計 512 KBytes), 別のSRAMが 4×CXK581001M-70L (合計512 KBytes)という謎の構成。
IBM POWER Gt3i IBM POWER GT3i IBM POWER GT3i

High-Performance 3D Color Graphics Processors

RS/6000 Type 7013で使えるMCAバス用のグラフィックカード。 あからさまにSGI製。 識別はブラケット部分の1-3というステッカーで行えばよろしいとのこと [1]
bracket of IBM High-Performance 3D Color Graphics Processor

ラスタライザのボードセット(71F1112)は3枚組で、71F1114, 42F6889(81F7923), 71F1149で構成されていた。 71F1114はMEV2 ASSY # 030-8027-002 REV AというSGIっぽいP/Nがシルクされていて、SGI XMAP2と書いたチップが5つとRAMDAC, 多数のメモリが載ったボード。

42F6889は[1]で触れられているZバッファボードか24-bitアップグレードボードのいずれかで、ボードの品番が42F6889でオプションとしての品番が81F7923であるように感じる(根拠なし)。 MZB1 ASSY #030-8028-003 REV AとのことなのでZバッファである可能性が高い。

71F1149は上記二枚のボードがネジ止めされている真ん中のボードだ。 基板には思いっきりSilicon Graphics Incと書いてある。

ジオメトリは別のMCAボード71F1111に載っている。 オプション番号は81F9188。 このボードはSGI的にはMGE2 ASSY# 030-8024-003 REV Aらしい。 Weitek XL-3132がFPUだ。
IBM 81F9188/71F1111 SGI 030-8024-003 REV A Geometry Accelerator IBM 81F9188/71F1111 SGI 030-8024-003 REV A Geometry Accelerator

RS/6000用のこの設計はPS/2用にも移植され、IrisVisionとして発売されていたらしく、そちらの解説 [4crawler.com]も参考になる。

System 36/38 workstation emulation Adapter/A

MCAバス接続の、System 36/38 の端末 (workstation) エミュレーションボード。 このカードをPS/2 やPS/55 に接続することで、5250 端末として使えるようになる [ibm.com]。 Option part number は69X6279 で、Replacement part number (FRU) は 69X6294 [ibm.com]。 基板のID は93X2695A、アートワークは93X2694。
System 36/38 workstation emulation Adapter/A back of System 36/38 workstation emulation Adapter/A backplate on the System 36/38 workstation emulation Adapter/A

System/36やSystem/38 はSystem/3 の系統の小型のコンピュータだ。 後継はSystem/40 ではなくてAS/400という名前になった。 その後eServer iSeries を経て、ハードウェアとしてはUNIXサーバと統合されてPower Systems になった。

このカードでまず目につくのは大きなMonolithic System Technology (MST)風味のチップで、93X2670ESD IBM 9314PQ 19321000CTと書かれている。 その隣にも似たパッケージの7378945ESD IBM 9352 19332000SLが実装されている。 MSTは5110で使っているのと同様で、IBMがS/370 で使い始めた高性能なパッケージ技術だ。

カードには自前のCPU が載っていて、ジーメンスのSAB 8088-2-P が実装されている。 Intel N8259A-2もその隣にあり、メモリは3×SEC KM44256CJ-7 で合計384 KBytes ということになりそう。

XGA-2 Adapter/A

XGA の表示ができるMCA 用のビデオアダプタ [2]。 ノンインターレースだと75 Hzで1024×768, インターレースなら48.8 Hzで1280×1024 までいける。 VRAM は8×TC524256BZ-10 なので、合計1 MBytes。
XGA-2 Adapter/A XGA-2 Adapter/A

カードは32-bitのMCAで、バックプレートとMCAのカードエッジの間に、Base Video Extension (BVE)コネクタというのがついている。 BVE がついていない拡張スロットではこのピンは浮いていても大丈夫とのこと。 また、16-bit MCAのスロットでも使えるとのことなので、例えばPS/2 Model 55 SXでも8514/A用のAVEがついているスロットを避ければ使えそう。

40G1728 (prototype)

MCAバスのRS/6000用のフレームバッファのプロトタイプ。 チップのシリコンダイを直接プリント基板に実装している。 出力はVGAやXGAと同じHD15コネクタ。 39G8754 IBM 98 というチップが表裏で合計8 8つ実装されている。
IBM 40G1728 prototype video board for RS/6000 IBM 40G1728 prototype video board for RS/6000 IBM 40G1728 prototype video board for RS/6000

65F0017 (ES)

MCAバス用のオーディオ入出力・モデムボード。 おそらくRS/6000用。 表面にはK2+αの手書き文字、裏面にはラベルでIBM R2141 ES D&P RP#1 ラベル上に手書きでOVT#60の記述がある。 シルクでP/N 65F0017 EC No.C27693A と書いてある。

IBM はオーディオとモデムを同じDSP でやるのに凝っていた時期があって、PC ではMwave として広く使われた。 このボードではメインのチップは東芝TC110GC9ES, SRAMが5×Sony CXK58256SP-45で合計 160 KBytes. ADCは旭化成AK5326-VP, DACはBurr-Brown PCM1700U.
IBM 65F0017 Audio/Modem MCA board (ES) IBM 65F0017 Audio/Modem MCA board (ES) IBM 65F0017 Audio/Modem MCA board (ES)

参考文献

  1. Laurent Vanel, Mike Carline and Shigeo Murohashi: RS/6000 Graphics Handbook. International Technical Support Organization. March 1999. SG24-5130-00 [ps-2.kev009.com].
  2. Boca Raton: IBM PS/2 and PS/ValuePoint Subsystems. International Technical Support Center. IBM. December 1992. GG24-4002-00 [ps-2.kev009.com].