IBM

High-Performance 3D Color Graphics Processor (SGI)

RS/6000 Type 7013で使えるMCAバス用のグラフィックカード。 識別はブラケット部分の1-3というステッカーで行えばよろしいとのこと [1]
bracket of IBM High-Performance 3D Color Graphics Processor

ラスタライザのボードセット(71F1112)は3枚組で、71F1114, 42F6889(81F7923), 71F1149で構成されていた。 71F1114はMEV2 ASSY # 030-8027-002 REV AというSGIっぽいP/Nがシルクされていて、SGI XMAP2と書いたチップが5つとRAMDAC, 多数のメモリが載ったボード。

42F6889は[1]で触れられているZバッファボードか24-bitアップグレードボードのいずれかで、ボードの品番が42F6889でオプションとしての品番が81F7923であるように感じる(根拠なし)。 MZB1 ASSY #030-8028-003 REV AとのことなのでZバッファである可能性が高い。

71F1149は上記二枚のボードがネジ止めされている真ん中のボードだ。 基板には思いっきりSilicon Graphics Incと書いてある。

ジオメトリは別のMCAボード71F1111に載っている。 オプション番号は81F9188。 このボードはSGI的にはMGE2 ASSY# 030-8024-003 REV Aらしい。 Weitek XL-3132がFPUだ。
IBM 81F9188/71F1111 SGI 030-8024-003 REV A Geometry Accelerator IBM 81F9188/71F1111 SGI 030-8024-003 REV A Geometry Accelerator

RS/6000用のこの設計はPS/2用にも移植され、IrisVisionとして発売されていたらしく、そちらの解説 [4crawler.com]も参考になる。

参考文献

  1. Laurent Vanel, Mike Carline and Shigeo Murohashi: RS/6000 Graphics Handbook. International Technical Support Organization. March 1999. SG24-5130-00 [redbooks.ibm.com].