Evans & Sutherland

Evans & Sutherland (E&S)は、ユタ一派 [osu.edu]の親分2人の怖い会社だ。 会社はもちろんソルトレイクシティーの、しかもユタ大のそばにある。 サザーランドは、1960年代に現在まで続くコンピュータグラフィックスの理論と実装を確立した人で、Sketchpad [1]が有名。 Jim ClarkもFuchsもユタ一派なんだなあ…怖っ

近代的なグラフィックカードメーカーとしてのE&Sはいくつかの源流がある。 まず、Ardent, Stellerが1989年にStardentになり、このStardentはクボタと資金的・技術的なつながりが深い [hollasch.net]。 Kubotaのグラフィック部門をAccelGraphicsが1994年に買収している [thefreelibrary.com]。 このAccelGraphicsをE&Sが1998年8月に吸収している [archive.org]。 ArdentはTitan (1989ごろ)が有名で、このシステムはいわゆるGTX-SD [4]の「ラスタだけハードウェア」なのだが、オプション扱いのジオメトリをやるGAボードで2D FFTをやってみましたよ、という記述があり [3]、GPGPUの先祖と言うことができそう。 StellerはGS1000 (1988ごろ)が有名で、これは単一のメモリバスにジオメトリ、ラスタ、ホストCPUをつないでページングも使えます [2]、ということで、UMAのかなり完全な形を実装している。 Stardent/Kubotaのi860ワークステーションTitan Vistra 800は私も持っている。 このページでは、AccelGraphicsとE&Sのアドイン型のグラフィックカードについて記述する。

AccelGraphics AG300

datest corp, 32Z 155-0185-01 05539 Rev. Bというステッカーが貼ってあり、シルクには32ZPCI BOARD FAB: 255-0102-01 REV Aと書いてある。 裏面にはFCC ID: L7J32ZPCIと書いてある。 調査によると、このボードはAG300と考えられる (AccelGraphicsの製品紹介ページ [archive.org])。 AG300はKubota(にいたころに作った)系のチップセットを使っているという話だ。
AccelGraphics AG300 AccelGraphics AG300

RAMDACはBt495KHF135, TC528257J-70 ×20 <5 MBytes>, はんだ面にはNEC D42S4260G5-70-7JF ×5 <2.5 MBytes>が載っている。 このDRAM, VRAMのレイアウトは正気とは思えないな。

AccelGraphics AccelECLIPSE

三菱の3DPRO/2mpを使っているボード。 AccelECLIPSEのスペック表とAccelECLIPSE II [archive.org]のスペック表を比べても、違いがわからない。 日本の代理店のページ [archive.org]を見ても、AccelECLIPSE IIは見つかるもののAccelECLIPSEの情報が見つからない。 フレームバッファに3DRAMを、テクスチャにCDRAMを使うアーキテクチャはREALimage系の特色で、このボードもこのメモリ構成になっている。 取り外せるモジュールに載っているのがCDRAMだ。
AccelECLIPSE AccelECLIPSE

後の世代のREALimage系のボードと異なり、このボードはCirrus LogicのVGA, CL-GD5446BVを搭載している。 このチップは起動時にBIOSの画面を表示するためだけについていて、何とも悲しいチップだ。 AccelGALAXYを代表とする後の世代のカードでは、VGAエミュレーションソフトウェアの開発が終わり、REALimage側でエミュレーションしていて、こういうチップは存在しない。

基板にシルクでSPITFIREと書いてあるので、もともとそう呼びたかったのかもしれない。 三菱製造のチップセットのグラフィックボードが連合国側の戦闘機の名前ではおかしいからか? 枢軸国側への配慮か?

AccelGraphics AccelGALAXY (31MB Model)

AGPのグラフィックカード。 部品面にはシルクでEVANS & SUTHERLAND REALimage 2100と書いてある他、赤いE&Sのステッカーも貼ってある。 P/N: 5064-9190. 冷却ファンが載っているチップは型番が読めないが、他にはREALimage E&S PC-2000と書かれたチップと、RAMDACのTI TVP3026-176BPCEが載っている。
AccelGraphics AccelGALAXY AccelGraphics AccelGALAXY

フレームバッファの3DRAMは三菱M5M410092BRF-10を12個搭載で、合計の容量は15 MBytesである。 テクスチャ用っぽい8×M5M4V16169DRT-10は合計8 MBytesだ。 この構成は、AccelGraphicsの商品紹介ページ [archive.org]によるとOEM Onlyとのことで、このシリーズでは最小の容量である。

E&S Lightning 1200

REALimage 1200を載せたAGPボード E&Sの商品ページ [archive.org]。 このボードもジオメトリはホストCPUを使うタイプのもの。
E&S Lightning 1200 E&S Lightning 1200

REALimage 1200は、REALimage 2100と比べるとフィルレートが90 Mpix/s→70 Mpix/sと性能が下げられた、エントリレベルのチップセットということになる [archive.org]。 脱着可能な感じのモジュールにメモリが載っているが、これは三菱M5M4V16169RT-15というCDRAMが載ったモジュールMH4V329XTJ-15なので、その辺のメモリモジュールと交換、というのはできない。

AccelGraphics AccelGMX2000

3Dlabs系のチップセットを使ったAGPグラフィックカードで、2 GFlop/sのジオメトリアクセラレータ GLINT Gammaおよび2× GLINT MXを搭載している [archive.org]。 フレームバッファは16 MBytes, テクスチャは80 MBytesとかなりメモリ容量が大きい。 解像度は1920×1200まで表示できる。 ボード上にはPermedia 2vの姿も。
AccelGMX2000 AccelGMX2000

参考文献

  1. Ivan E. Sutherland. 1963. Sketchpad: a man-machine graphical communication system. In Proceedings of the May 21-23, 1963, spring joint computer conference (AFIPS '63 (Spring)). ACM, New York, NY, USA, 329–346. DOI=10.1145/1461551.1461591
  2. Brian Apgar, Bret Bersack, and Abraham Mammen. 1988. A display system for the Stellar graphics supercomputer model GS1000. SIGGRAPH Comput. Graph. 22, 4 (August 1988), 255–262. DOI=10.1145/378456.378518
  3. Borden, B.S., Graphics processing on a graphics supercomputer, in Computer Graphics and Applications, IEEE , vol.9, no.4, pp.56–62, July 1989. doi: 10.1109/38.31464
  4. Akeley, K., The Silicon Graphics 4D/240GTX superworkstation, in Computer Graphics and Applications, IEEE , vol.9, no.4, pp.71–83, July 1989. doi: 10.1109/38.31466