三洋電機

MBC-17JH40C

AX仕様の286-10MHz機。 MBC-17Jとして販売され、AX仕様の640×480画面モードをサポートし、そのためにビデオサブシステムやキーボード, BIOSとMS-DOSが拡張されている [1]。 背面のDIP SWで6 MHzも選べる。 前面には5型ベイが3つ並んでいて、IBM 5550を彷彿とさせる。
Sanyo MBC-17JH40C AX back of Sanyo MBC-17JH40C AXのロゴ

マザーボードはISAカードで実装されていて、パッシブなバックプレーンを通して他のボードと接続する。 このマザーボードはSAT200C(X286) 4226974000とシルクされていて、すべての部品は部品面に実装され、ハンダ面の実装部品はない。 CPUはAMD N80L286-10/Sで、FPUはIntel C80287XLが搭載されていた。
Sanyo SAT200C(X286) 4226874000 motherboard

AXの心臓部とも言えるJEGAボードも三洋製。 CECL 5VA, JAT-170, 2EC4B1PB14300などのシルクがある。 このボードもすべての部品が部品面に実装されている。 チップ自体はAXのボードでおなじみのアスキーV6367A, M6226Y, 2× C&T P82C435, P82C436だ。 VRAMは16× M5M4464AP-10なので512 KB, テキスト画面?は2× M5M5256BP-12で64 KBということになると思う (AXに詳しくないのでツッコミを待ちます)。
Sanyo JAT-170 JEGA Video Adapter

HDDはIDE接続で、ISAボードにインターフェースが実装されている。 実際のところバスバッファ+アドレスデコード位しかすることは無いが。 また、AlliedのCentreCOM SIC-AT-ET イーサネットカードを搭載している。
Sanyo IDE-100 ISA IDE Interface Allied Telesyn CentreCOM SIC-AT-ET 8-bit Ethernet NIC

AXのキーボードは以前捕獲していた。 なぜかJCCのもので、裏側にはXstation KEY BOARDと書いてある。 左上にAXと書いてあるキーがあるのが特徴。 101キーボード+日本語入力制御用のキー、といった構成になっている。 現在のポストOADGの日本語キーボードも、この配列の方が使いやすかったのに…。 コネクタはDIN5。
AXキーボード (JCC Xstation KEY BOARD) AXキーボードに存在する「AXボタン」

Medicom MC-770-10GT

「レセコン」などと呼ばれているらしい。 元利用者から合法的に譲ってもらった。

三洋メディコムは、1973年に保険医用計算作表機として発表されたのがシリーズの始まりで、これにはビデオ端末は存在せず、キーボードプリンタと磁気カード用記録再生機を搭載し、語長16ビットで命令種14のCPU、RAM 2 KBytes/ROM 3 KBytesを搭載するという年代なりの代物である [2]。 そこからしばらく資料が途絶え、1998年のMC-5000で汎用のUNIXワークステーションを採用するまでは専用のCPU・OS・周辺機器をベースとした独自アーキテクチャにより高効率処理を実現していたらしい [3]。 この機種はまさに独自アーキテクチャのもので、知られざる本当は怖いコンピュータの歴史という感じがする。

表側には蓋の裏にFDD, 電源投入ボタン、更にもう一つ蓋を開けるとトグルスイッチと8連ディップスイッチ、電源断ボタンがある。 裏側にはRS-232Cが2ポート (DB25F), 2×ワークステーションコネクタ (24ピンセントロニクスフルピッチ), 漢字プリンタ、ジャーナルプリンタ、50ピンSCSIとディスプレイ装置コネクタがある。 ここでいうワークステーションはオフコン用語で、端末、みたいな意味で使われている。
Sanyo Medicom MC-770-10GT MC-770-10GT前面 カバー内部 後ろ側

キーボードはディスプレイ装置に接続する。 このキーボードは50音順で、処方とかいう変なボタンがある。
MC-770-10GTのキーボード

内部には2器のIDE HDD (NEC D5S1050A)とFDD (TEAC FD-235GF P/N 19307774-84)がある。 2つのHDDはほぼミラーになっていて、フロントパネルのスイッチで主/副を切り替えられるようになっている。 HDDにはJIS X0201, JIS X0208系のエンコーディングで文字列が記録されている(i.e. EBCDIC系ではなくてASCII系だった)。
HDD and FDD

基板は2階建てで、ここからは資料がないので想像だが、1階部分がメイン、2階部分が画面表示・端末機能のサブシステムが実装されているように見える。 1階部分には72-pin 36-bit 8MBのSIMMがあり、ここだけはバス幅が4-byteに見える。 写真右下のあたりのバスは16-bitだ。 FDCはμPD72069GF, SCSIはSymbios 53C96-2が載っている。 2階部分はターミナル機能で、MC68B09CPやフレームバッファっぽいメモリが載っている。
基板 1階部分 基板2階

表示はAS/400の端末に似た雰囲気の、画面の欄を埋めていく感じのあのインターフェース。 起動画面は何となくUNIX風味のMOUNT /DEV/HD/HD002,/SYS.DIRといった表示が見えるが、まあ多分似せているだけでUNIXではないような気がする(気がするだけかもしれません…) 現在、起動完了後に日付を聞かれ、どう入力しても日付が不正だ、といったエラーが出て先に進めない。 ディップスイッチの4番・5番をONにするとテストモードになり、CGRAMのキャラクタ表示がされ、押されたキーのキーコードが表示される。
MC-770-10GT boot screen MC-770-10GT test screen

こんな感じの [gitlab.com]プログラムでHDD中の文字列を抽出すると、モトローラSフォーマットのHEXファイルやBASIC風味の謎言語のソース等が見られる。 ファイル名は8+3形式みたい。 この辺の文字列がこの機械の正体を表しているのだろうか:

    MC−770,990,9000           
    基本システム マスター MT            
                  Ver 6195    
                              
                  1998.06.16  
                              
     MC−770,990,9000          
      基本システム マスター Ver 6195    
      医事会計   マスター Ver 0674    
                  1998.06.16  
              SILICON SOFTWARE
(C)1989.90.91.92.93.94 Microtec Research. INC. All rights reserved.
Unpublished-rights reserved under the copyright laws of the United States.
            RESTRICTED RIGHTS LEGEND
Use,duplication,or disclosure by the Government is subject to restrictions
as set forth in subparagraph (c)(1)(ii) of the Rights in Technical Data &
Computer Software clause at DFARS 252.227-7013.
MICROTEC RESEARCH.INC.2350 MISSION COLLEGE BLVD,SANTACLARA,CA 95054

この機種について何らかの情報をお持ちでしたら、ご連絡お願いします。

参考文献

  1. 多田実, 三村秀一, 塚越正巳: AX仕様パーソナルコンピュータ<MBC-17J>. 三洋電機技報. Vol.20 No.2 (39). August 1988. pp.3–8.
  2. 斧正巳, 竹中淳, 長谷川龍一, 矢野利一: 保険医用計算作表機 ─メディコム─. 三洋電機技報. Vol.6 No.1. Feb. 1974. pp.3–9.
  3. 高橋祐一, 萬田雅光, 茂木恵美, 小林隆史, 西川洋一郎: 汎用技術を応用した医事用コンピュータ メディコム <MC-5000>. 三洋電機技報. Vol. 30. No.1. May 1998. pp.57–62.