Radius

PrecisionColor Pro 24X

赤いNuBusのビデオカード。 シルクはAccelerated 24-Bit Graphics I/F (C) RADIUS Inc. 1993 ALL RIGHTS RESERVEDと書いてあり、ROMのラベルは© 1994 Radius Inc PrecClr 24X v 2.0 -0066-03 A、裏面にはFCC ID:HUX0429とある。 VRAMは12×KM428C257J-7で、合計3 MBytesだ。
Radius PrecisionColor Pro 24X solder side of Radius PrecisionCOlor Pro 24X

Low End Mac [lowendmac.com]によると、ROM 2.0ならNuBus-PowerPC MacでMacOS 9.1まで使えるらしい。 また、Apple Display Card 24ACとしてAppleにOEMされていたとのこと。

ThunderColor 30

PCI PowerMac用のグラフィックスボード。 ボードが2枚組みになっていて、PCIバスのカードエッジがある側のボードのラベルはradius 0011610-0001, 0009838-0001で、その上に実装されるDSPボードにも同じラベルが貼ってある。 ボード名の30というのは色深度が30 bitまでいける、という意味だ。 VRAMは表裏合わせて24×KM428C257J-6で、合計6 MBytesもある。
Radius ThunderColor 30 PCI board solder side of ThunderColor 30 PCI board solder side of ThunderColor 30 DSP board Radius ThunderColor 30 DSP Board

DSPボードに載っている4つのDSPは、AT&T DSP3207シリーズの3207F02で、積和算の浮動小数点演算ユニットを内蔵する [2]。 右下に66 MHzのオシレータが載っているので、チップ一つあたり33 MFLOPS, ボード合計で133 MFLOPSになる。 DSPボード上のSRAMは8× ISSI IS61C256AH-15Jで、合計256 KBytesである。 このDSPを使って、Adobe PhotoshopでCMYの画像を編集する時に高速化が可能であったらしい [vintagemacworld.com]。 132 MHzより速いCPUだと効果がない、という主張が、このDSPボードの理論性能132 MFLOPSと1 Flop/cycleのCPUの理論性能の比較に拠っているとすれば、実際にはもう少し速いCPUでもこのボードの効果はあったはずだ。

Thunder 3D

PCI Power Macintosh用のグラフィックスボード。 ラベルはRadius 0555, DVC70912591555, 0011662-0001。 ボード上の年表示は1996. 出力はこの時期のMacintoshに合わせてDA15Fである。 基板にはHD15コネクタのパタンもあるが、部品が未実装だ。 VRAMは16×KM4216C258G-60で8 MBytesのバンクと、12×KM48C2104AT-6で24 MBytesのバンクがある。
Radius Thunder 3D 部品面 Radius Thunder 3D はんだ面

100 MFlop/sのジオメトリエンジンであるGLINT Delta [1]が載っている。 ところが、このカードのドライバがサポートするAPIはQuickDraw 3Dだけで、OpenGLは対応していない模様。 つらい。

参考文献

  1. Neil Trevett: Permedia and GLINT Delta: New Generation Silicon for 3D Graphics. Hot Chips 8. August 1996.
  2. AT&T Microeletronics: AT&T DSP3207 Digital Signal Processor: The Solution for Concurrent Telephony and Audio for PCs. Data Sheet. pp.1–35. January 1994.